FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.01.21 Mon no title

燃えさかる太陽のような怒りに駆られて

力なく笑う頭蓋骨を、このてのひらで砕くまで

本当は何よりも、誰よりも大切にしていたことにすら

気づくことが出来ませんでした


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可