FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.01.21 Mon no title

掻き抱いた背中の

浮き出た骨の感触だけを

いつまでも愛し続けられるようなひとも

もう思い出さない理由があるとすれば


あるとすれば


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可