FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.02.01 Fri no title

濁りを自覚します

透き通るために


無知を認めます

与えてもらうために


氷のように冷たい水の中を

流れに逆らって泳ぎつづける


剥がれ落ちた鱗の下から覗くのは

今より少し 人のかたちをしたもの

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可