FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.02.01 Fri no title

選択肢は

少なければ少ないほどいい


見通せる未来は

近ければ近いだけいいし

思い出せることも

そう多くはないほうが きっといい


遠いところへ行くなら

持ち物はできるだけ持たずに

近いところで留まるなら

出来る限り執着せずに


そうしていつかいなくなるとき

最後の一掬いで何も残せないでいけたら


それが一番いい


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可