FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.03.12 Tue no title

何度でも

死ぬことが出来る


吹き抜けていく風の

誰よりも冷たい指先

切りつけた頬の上に

優しさの花が咲く

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可