FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > ドライブ

2013.03.15 Fri ドライブ

冷えたウィンドウに頬をよせて

洗い流されていく光の向こうに

いつか見た終焉を予感した


少しだけ倒したシートの

狭間と狭間に落ちて、潰れて

ひしゃげたままの携帯電話

呼んでも来ない人

その名前を呼ぶだけの、無能な電波塔

音もなく


真夜中を切り裂くスピンのように

泣いて


大事にできなくても

大事なひとだった


上手に愛せなくても

確かに愛だった

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可