FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.04.09 Tue no title

誰を悲しませるでも

喜ばせるでもなく

ただ抱き締めていられたら


誰を置いていくでも

連れて行くでもなく

ただ温かい海の上に

いつまでも寝そべっていられたら


受け止めてもらえなかったさようならの

一言一言が、雨粒になって降り注ぐ

この信号の反射に

この夕焼けの名残に

このクラクションの余韻に

この道なりのはずれに


言い聞かせるでも

見放すでもなく

笑っているだけの そのひとの

かなしい横顔に

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可