FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.05.27 Mon no title

蹴飛ばされて

吹き飛ぶような

恋だったらよかった


始まりを知らせる音色は

切ないほど色を帯びて輝いて

その瞬間に知る

夢独特の美しさだと


誰にでも用意されたはずの

美しい朝焼けなら

なぜこの窓辺はこうも暗い


今更に知らないふりばかり

うまくなっても

どこへ行ったって同じ名前ばかりが重い

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可