FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.05.27 Mon no title

千切れるほど呼んでも

手に入らないものもあると知って初めて

一つ年をとる


今日あのこが手放した掌は

私が喉から手が出るほど欲しくてたまらなかった掌

でも そんなもの


朝に中断された夢の続きならきっと

地球の反対側で誰かが見ている


音もなく降り注ぐ雨でも

その音色に絆されて生き延びる人がきっといる

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可