FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.05.30 Thu no title

呼びかける声は

どこから来るのだろう


もうすぐそこまで朝が迫っている時間帯に

青白いリビングで思い浮かべる人は

妄想の中でさえ 仏頂面


ぬるま湯をかき分ける金魚のように

誰の邪魔もせず

誰にも邪魔されず

ただ揺れていたいだけなのに

いつからか 生意気な言葉ばかり覚えて


滑り込んだ体温が笑う

足し算と引き算だけでは

決着のつかないところに

すとんと落ちていく

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可