FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > Vanishing

2013.05.30 Thu Vanishing

あなたの傍にいると、悲しい鼓動が聞こえる

だから安心する


いつもより遅く起きた土曜の朝に

太陽を遮って降る小雨みたいな、甘噛み

爪先から染み渡っていく


一つしかない椅子でも半分こすれば大丈夫

冷えた鍵盤に片手づつ並べて

リズムの取れない歪なジムノペティ


並んでいる白鍵のどこか

一カ所だけ音の違うところがある

そこが、私の居場所

そこが、あなたの居場所

滲んで消え入る


剥き出しの傷口と傷口が癒着する

あなたという波の中にわたしが消失する

月だけが照らし出す


ゆっくりと癒えていく

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可