FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.06.20 Thu no title

まあるくてすべすべした身体の

ぽっかりとくぼんだところに

約束だけが落ちている


間もなく訪れる太陽の

唯一照らしそこねた谷底に

思い出は安らかに眠る


ゆっくりといなくなっていく人のことは

誰も 探さない


途切れた足跡の続きを

繰り返し 砂浜に描く

打ち寄せて包み込む波に

さらさらと解けていく

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可