FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.10.08 Tue no title

最後に、自分のためでない嘘をついたのはいつだったか

思い出せない


黴臭いベッドにしがみついたまま

持ち上がる天井を睨み付けている


救ってくれなくたっていい

ただ 傍にいてくれさえすれば


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可