FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.12.16 Mon no title

まとわりつく爛れた香りは

外でもない

この身から漏れ出ていた


抱き締めるよりも柔らかく

壊すような掌


静寂よりも静かな

そういった

そういった類の


氷よりも冷たい

そういった

そういった類の



それでもこの関係はつづく

終わり続けるというかたちで


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可