FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.12.16 Mon no title

雪崩れ込む光につられて

黒目がちな瞳が揺れている

駆け込んできた列車で

霧散する静寂

言いかけた言葉


選ばれなかった子どもたちを思うとき

その胸に灯るようなやるせなさを

知っている


飽きるほど泣いても

こびりついてなくならない空っぽを

知っている


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可