FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.12.16 Mon no title

どこへ行けば だれと行けば

ふれることができるだろう

口にするのさえ憚られるような ささやかな


街の明かりに塗りつぶされた星空の

呻くような恨み言ばかり聞こえる

愛おしい人は通り過ぎていくだけ

どうでもいい伝言を 残すために


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可