FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.12.16 Mon no title

勝ち気な嘘で塗りつぶして

置き去りの熱帯夜で 色を重ねて


本当は

優しい人になりたかった

だけだった

誰よりも

誰よりも


遠のくサイレンの代わりに

やってきた雨雲が 涙を誘う


「水面の縁まで滑り落ちて

 寄りそっていようかしら」


その場しのぎの気まぐれで

また 塗り重ねる

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可