FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.01.12 Sun no title

汗ばんだ肌を行き来する

刺々しい視線と言葉

泳ぎ切るまで、見守っていてね

溺れてしまっても

助けてくれとは、言わないけど


シルクで包み込んだみたいな

真夜中のプールに

ふたりきり、


干上がったベンチの上で

のたうちまわる、二匹の魚

触っていてね、乾ききるまでは

涙がこぼれたとしても

ぬぐってくれとは、言わないけど

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可