FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.01.16 Thu no title

畳の下に虫がいる

雑音はやがて旋律を成す

今にもはじけそうに膨張しきった夏

めくれあがった夜の端っこに

洗濯ばさみでしがみついた


擦っても擦っても消えない染みは

引きちぎってしまうの


縁側に座った懐かしい背中が言う

なだらかな曲線を描く脊椎たちも

やはり、害虫の住処となっている


蚊取り線香の最後の一欠片が落ち

垂れ込めた雨雲がいよいよ襲いかかってくる

「ここはいやに喉が渇くねえ」

そう言ったきり、その身を明け渡したひとの

固くなった掌に寝そべって眠る

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可