FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > 余生

2014.01.25 Sat 余生

降り注いだ霜に抱かれて

朝がそっと目覚める


恨めしい目をした老婆にさえ

ただ 忘れられるだけの余生


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可